グラシン紙

本を買うとグラシン紙でカバーする。
もう何年も続けてきた習慣。

グラシンとはご覧のとおり、半透明で光沢のある滑らかな紙。
パラフィン蝋が塗られたパラフィン紙と見分けがつかないが、同様にスイーツの底紙や薬包紙に使われる。
ひと昔前は、いかにも敷居の高そうな学術書や気高い岩波文庫のカバーにも使われていたが、最近は少なくなったように思う。

手に入れた本は、古本も新刊も同じくカバーを施す。
読後、手元に置いておきたい本、すぐに売ってしまう本、運命はそれぞれだが、一度でも手にした本は最後まで大切にしてやりたい。

最近は電子書籍がずいぶん増えたが、私は紙の本と生涯付き合っていきたいと思う。

コメントを残す